Blog

ブログ 

産後のケアができなかった方必見!体の捻れを整えるエクササイズ

出産経験のある女性のお話を聞いていると、産後のケアができなかったという方が多いです。
しかし出産後は体への歪みやダメージが大きいため、やはりケアは早めにやっておいた方が良いでしょう。
本日は産後1年以上経った方にお勧めの運動をご紹介します。
産後3ヵ月から1年の方は主治医の先生に確認してから行うことをお勧めします。


目次

女性の体の変化

まず、妊娠中にお腹が大きくなると、反り腰になり骨盤も前に傾いていきます。
これにより、骨盤の真下にある骨盤底筋という筋肉がたるみやすくなります。
また、お腹が大きくなると肋骨が上手く動きませんので横隔膜という筋肉が使いにくくなりますし、お腹の奥にある腹横筋という筋肉も伸びてしまいます。
これらの3つの筋肉は姿勢を保持するために大切な筋肉です。
つまり、妊娠によって姿勢を保持する筋肉が衰え、産後の姿勢に影響が出ます。

体の捻れ

妊娠中、胎児は体の中心から左右どちらかにいることが多いです。
※今回は逆子などは除外して説明します。
すると、バランスを取ろうと体は捻れます。
腸の一部である下行結腸が体の左側にありますので、右に捻れることが多いと言われています。
私もたくさんの方のお体を見てきましたが、右に捻れているかたが多いなという印象です。

そして、出産を終えても体は捻れた状態です。
本当はここから安静にして、体のケアができれば良いですが、そうもいきませんよね。
出産後は子育て。
なかなかケアができませんが、少し子育てが落ち着いた、または子育てを終えた方は今がチャンスです。
今からでも十分整えることができます。

体が捻れて起こること

体が捻れて起こることの代表例としては、腰痛でしょう。
特に左右のどちらかだけ腰が痛いという方が多いです。
また体が捻れていると、バランスを取るために膝や股関節に負担がかかります。
するとまた痛みが。。。という悪循環です。
これを断ち切るには、やはり体の捻れを元に戻してあげる必要があります。

多くの人が反り腰のまま

また前述したように、反り腰になりやすいのですが、ケアをしていないと反り腰のままというケースが多いです。
そのため、骨盤底筋もたるみますし、腹筋も伸びてしまいます。
これが長期間続くと、腹筋や骨盤底筋の感覚が鈍くなります。
やはり早めに対策はしておいた方が良いですね。
反り腰を良くするためにも骨盤底筋や腹筋を鍛えてあげる必要があります。

お勧めのエクササイズ

捻れを整えるためにも、反り腰を改善するためにも腹筋が必要です。
腹筋といえば起き上がる運動を思い浮かべる方も多いかと思います。
ですが、本日は壁にもたれてできる腹筋運動をご紹介します。

反り腰解消エクササイズ

壁にしっかりと背中をつけて、腹筋を活性化させます。
また、トイレを我慢するようにお腹に力を入れると、骨盤底筋も鍛えることができます。
動画はこちら

体の捻れ解消エクササイズ

体が右に捻れている方は、右手で左の太ももを触るように行いましょう。
左に捻れている方は、左手で右太ももを触りましょう。
両方行うことで、反り腰も解消します。
動画はこちら

まとめ

いかがでしょうか?
今回は産後に起こる体の捻れについてご説明しました。
体の捻れや、姿勢の崩れは体の痛みに繋がりますので、早めに整えていきましょう。
また、捻れを整えることで自然と体に負担がかかりにくい状態となります。
痛みのない、心地よい毎日を過ごしていきましょう!

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >産後のケアができなかった方必見!体の捻れを整えるエクササイズ