Blog

ブログ 

『2022年最新!』デスクワーカー必見!カチカチになりやすい筋肉と動かし方


デスクワークを行っていると、肩や腰がカチカチになりやすいかと思います。
なぜ固まりやすいのか?
そして解決するためにどんな運動が良いかお伝えします。

目次

デスクワークで固まりやすい筋肉

デスクワークをしていると、どんどん前のめりになりますよね。
そうすると起こるのは猫背。
座った姿勢で猫背になると、筋肉にどんな影響を与えるのでしょうか??

骨盤周りの筋肉

長時間座っていると良い姿勢を保ちにくくなりますよね。
すると腰が丸まり骨盤が寝てしまします。
そんな時には以下のように筋肉が働いています。

縮む筋肉は短縮された状態で固まっていきます。
伸ばされる筋肉は通常よりも多くの負荷がかかっています。
ゴムを想像していただくとわかるように、伸ばされすぎると切れてしまいますよね。
より多くの負荷がかかっています。

まとめると、座った状態で骨盤の後傾が起こると、腰の筋肉に過度の負荷がかかりカチカチになります。
その他にも、お尻や股関節の筋肉が常に縮まった状態になり、これもカチカチに固まってしまいます。
つまり、長時間椅子に座っていると筋肉がカチカチになりやすいというわけです。

広背筋

デスクワークはパソコンのキーボードを打つことが多いかと思います。
このとき少し肩が丸くなる傾向にあります。
ここで働くのが広背筋です。
広背筋は腰にも付いているため、使い過ぎると腰をカチカチにしてしまいます。
ですので、広背筋を緩めることは必須となります。
またこの筋肉は肩を下げる作用があり、肩から首にかけて過度な負担をかけやすくなります。

僧帽筋

肩が丸くなると猫背になり、頭も前に出ていきます。
すると、肩から首についている僧帽筋という筋肉に負担がかかります。
肩こりになる筋肉ですね。
また、緊張してくると肩が挙がってしまったりしますよね。
この時僧帽筋の上半分が過剰に働くことが多いです。
この上半分は是非動かして緊張を抑えたいところです。

お勧めのエクササイズ

まずはカチカチになった筋肉をほぐしてあげたり、動かすことが大切になります。
体を動かすと関節や筋がゴリゴリいうことはありませんか?
一部の筋肉がカチカチになっているわけですね。
ですので、股関節周りの筋肉と背中の筋肉をしっかりと動かしていきましょう。

広背筋とお尻の筋肉を動かす

こちらのストレッチで広背筋とお尻の筋肉を伸ばすことができます。


手を遠くに伸ばすことで、より広背筋にストレッチが加わります。

股関節の前側と僧帽筋を動かす

次にこちらの運動で股関節の前側と僧帽筋を動かします。


ポイントは背筋をまっすぐにして、肘で床をしっかりと押すことです。

まとめ

デスクワークを行っていると、たくさんの筋肉が固まります。
固まる前に動かすことです。
ですので、お家に帰ったら少しエクササイズに取り組んでみたり、デスクワークの途中で体を動かしてみてください。
デスクワークの途中で動くということは本当に大切です。

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >『2022年最新!』デスクワーカー必見!カチカチになりやすい筋肉と動かし方