Blog

ブログ 

姿勢改善を検討されている方必見!事前に知っておきたい柔軟方法

体を柔らかくするためにストレッチやマッサージを行うことがありますよね。
どっちが効果が高いの?
どっちを先にすれば良いの?
とご相談を受けることがあります。
本日はこちらの解説をしたいと思います。

目次

体が固いとは?

前屈をするときにイタタと言いながら行うことがあると思います。
こんなときに体が固まっている、筋肉が固くなっていると表現しますよね。
体の柔軟性に関係があるのは、筋肉、関節、皮膚といったものになります。
何が原因で体が固くなっているのか?で柔らかくする方法が変わります。

筋肉が原因の場合

筋肉が原因の場合はストレッチやマッサージが有効です。
ストレッチのメカニズムは筋肉と腱の特性を活かして、筋肉の柔軟性を高めます。
ストレッチの刺激が加わると、腱が危険察知して筋肉を緩めようとします。
これにより筋肉の柔軟性が高まります。

マッサージは押したり、揉んだり、さすったりすることで筋肉の緊張を和らげる方法です。
厳密に言うと、人に対してのマッサージはマッサージ師にしかできません。
ですので、マッサージ師以外はリラクゼーションと言うことが多いです。
リラクゼーションのメリットは腱や関節に負担をかけることなく、筋肉の柔軟性を高めることができます。
順番としてはリラクゼーションを行った後に、ストレッチを行うとより効果的です。

関節が原因の場合

生まれつきの骨格により、柔軟性が決まる場合があります。
例えば女性は骨盤が男性に比べて横に広いため、股関節の付き方が男性と違います。
ですので、これ以上動かないというポジションがあります。
このポジションから無理やり動かすと、関節や腱を痛める可能性があります。

皮膚が原因の場合

例えば手術をされた場合、縫合をすることで皮膚が突っ張り動きにくくなります。
マッサージやリラクゼーションである程度は柔らかくなりますが、縫合している部分が柔らかくなるには限界があります。

生まれつきの関節の柔らかさ

生まれつき関節が柔らかい方がいます。
開脚が180度できる、前屈で手の平が付くといったことがありますが、実は柔らかすぎだったりします。
この方は関節が必要以上に動くため、ストレッチをしすぎると関節や腱を痛める可能性があります。

関節弛緩性のテスト

上の図に関節弛緩性のテストがあります。
引用:スポーツ傷害予防のための測定・評価の考え方

7点満点なのですが、4点以上で関節弛緩性が高いという結果になります。
これに当てはまる方は過度のストレッチをすることで、腱や関節を痛めたり脱臼のリスクがあります。
ですので、固い筋肉はリラクゼーションで柔らかくすることをお勧めします。

動きをコントロールすること

体が固さの原因として、筋肉の固さだけでなく動きの固さもあります。
よくダンスをしていて、動きが固いなんていいますよね。
自分で関節を上手くコントロールできていないため、固い動きになるのです。
ですので、ストレッチやリラクゼーションだけでなく、関節の良い動かし方を体に覚えさせてあげる必要があります。

まとめ

関節が柔らかい人はストレッチよりもマッサージやリラクゼーションが向いています。
それ以外の方はストレッチも利用していきましょう。
筋肉を柔らかくした後は関節をコントロールしていくことで、動きが滑らかになります。
いろんな方法がありますので、自分にあった方法を探していきましょう。

☆体験キャンペーン
3300円⇒2980円
ご予約はこちらからできます。

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >姿勢改善を検討されている方必見!事前に知っておきたい柔軟方法