Blog

ブログ  反り腰 

めまいがある方必見!反り腰解消エクササイズで軽減できる理由

普段から眩暈(めまい)が起きやすい、車に酔いやすい方はいませんか?
これらの症状がある方は反り腰の場合が多いです。
なぜそのような症状になりやすいのか解説していきたいと思います。



目次

眩暈とは?

眩暈には大きく3つ種類があります。
➀回転性
➁浮動性
➂眼前暗黒感

回転性は自分や周りがぐるぐる回るように感じるものです。
浮動性は頭がフワフワしたり、足が浮いているような感覚になるもの。
眼前暗黒感は目の前がスーッと暗くなるような症状です。
どれも脳出血や脳梗塞、心疾患の場合がありますので受診をまずすることをお勧めします。
今回、反り腰に関係している眩暈は、回転性の良性発作性頭位めまい症というものです。

良性発作性頭位めまい症とは?

良性発作性頭位めまい症は脳梗塞や脳出血といった異常はなく、耳にある前庭系により起こります。
前庭系には三半規管と耳石があり平衡感覚に関係があります。
例えば押し相撲をしているときに体が倒れそうになると、のけ反ったりしますよね。
前庭系は目や筋肉と協力してバランスを取るのですが、上手く働いていないと眩暈が起きます。
頭を振った時、高いものを取ろうとした時に眩暈が起こる方はこれが原因かもしれません。

前庭系の簡易的なテスト

自分の前庭系が上手く働いているのか簡単に知る方法があります。
足を揃えて立ち目を閉じます。
通常であれば前庭系が働くとピタッと止まります。
しかし、この時体が揺れる場合は前庭系が上手く働いていないことが多いです。
揺れる以外に右によろけたりすると、両耳の機能に左右差がある場合があります。

眩暈と反り腰

良性発作性頭位めまい症の場合、前庭系と目や筋肉が上手く協力して働いていないというお話をしました。
眩暈が起こるのは、体の中でこれは異常な事態と脳が判断するためです。
異常事態になると、この他にも腰を反らせたり体が緊張しやすくなります。
そのため、眩暈持ちの反り腰を解消するためには前庭系のエクササイズが必要ということになります。

眩暈と反り腰を解消するために

まず大前提として、眩暈のエクササイズをする場合は無理をしないことです。
ポイントは2つです。
➀寝た状態で運動する
➁頭を動かすような運動を行う
寝た状態で運動すると体がリラックスしやすくなります。また万が一眩暈が起きたときに怪我を予防することができます。
前庭系を鍛えるためには、頭を動かすような運動が必要になります。しかし、頭を動かすと眩暈が起きやすくなるため少しずつ行っていきましょう。

腹筋ともも裏の運動

反り腰を解消するためには、腹筋ともも裏に効く運動がお勧めです。
ポイントは
➀膝を直角にして踵を椅子の上に置きます
➁腰と床の間を埋めてます。
➂踵で椅子を踏み、腹筋ともも裏に効いていることを感じます
5回を目安にやってみましょう。

寝返り運動

実際の眩暈の治療でも寝返りのような運動が処方されることがあります。
ゆっくり始めていきましょう。
ポイントは
➀床の上でゆっくりと転がります。
➁左右両方行いましょう
たくさんやる必要はありません。
まずは1回できるか試して、できそうであれば3回行いましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
眩暈にはいろんな原因がありますので、まずは病院受診をして三半規管や耳石が問題の場合はエクササイズで改善できる可能性があります。
ちなみに病院受診する場合は耳鼻科になります。
少しでも体の不調が楽になればと思います。

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >めまいがある方必見!反り腰解消エクササイズで軽減できる理由