Blog

ブログ 

美脚になりたい人必見!!女性の太ももを細く見せる法則

・脚が昔から太くて気になっている
・下半身が痩せない
・浮腫みが取れない
そんな方は姿勢を整えることで効率良く太ももを引き締めることができます。

目次

脚が太くなる原因とは?

そもそも太ももが太くなるのはなぜでしょうか?
女性の太ももが太くなる原因として、
➀男性に比べ骨盤の横幅広いこと
➁立ち姿勢でお腹を突き出している
の2点が挙げられます。

骨盤と内股と足が太くなるメカニズム

女性の骨盤は男性に比べて、横に広くなっています。
そのため、女性は内股になりやすいです。
これにより、太ももに影響が出るんですね。

まず、太ももの筋肉には前、内、外、後ろの4か所あります。
この中で内股になると使われやすくなる筋肉は、前と外のももです。
使われやすいということは、筋肉が大きくなるということ。
つまり前ももと外ももが使われることで、太ももが太く見えやすいんですね。

女性は骨格上、足が太くなりやすいと言えるかと思います。

お腹を突き出すことによる、太ももへの影響

立ってスマホを見る、子どもを抱っこする、台所で料理をする。
この時に起こりやすいのが、お腹を突き出す動きです。
お腹を突き出すと、前ももが使われやすくなります。
試しにお腹を突き出してみてください。
前ももが張る感じがしませんか?
これが、前ももを使っているということです。

腕立て伏せを1時間行うと、腕が太くなりそうですよね。
同じように、太ももが張る状態で何時間もいると、どんどん太ももが太くなるんですね。

ちなみに、ハイヒールを履いている方はより注意が必要です。
ヒールのある靴は、お腹を突き出す姿勢になりやすく、太ももがより太くなりやすいです。

太ももを細く見せるために必要なこと

太ももを細く見せるためには、まず前と外ももを柔らかくすること。
使われていない筋肉を鍛えて、太ももに過度に力が入らない姿勢を身につける必要があります。
そのために、
➀前ももと外もものストレッチを行う
➁内、後ろのもも、お尻の筋肉を鍛える
➂前と外のももを使わない立ち姿勢を覚える
3段階が必要になります。

前と外もものストレッチ

お勧めの前ももストレッチです。

ポイントは
➀横向きに寝て、足首を掴む
➁踵をお尻に近づける
➂腰が反らないようにお腹に力を入れておく
です。

また、外もものストレッチです。

➀伸ばしたい方の膝を直角にする
➁お腹を膝に近づける
➂反対の足は楽にしておく
です。

前も外もものストレッチも30秒ずつ伸ばしましょう。

内と後ろのもも、お尻の筋肉を鍛えるエクササイズ

次に弱い筋肉を鍛えましょう。

ポイントは
➀膝を直角にして、踵を椅子の上に乗せる
➁お腹に力を入れて、踵で地面を押す
➂余裕があれば少しお尻を浮かせる
この運動でもも後ろの筋肉を鍛えることができます。
さらに、膝と膝の間にヨガブロックや枕を挟むことで、内ももに効かせることもできます。

お尻にはお尻を上げる運動がお勧めです。
美脚のために必要なお尻のエクササイズ
➀膝を直角にする
➁骨盤を傾け、踵で地面を踏む
➂背骨1本1本が床から離れるようにお尻を浮かせる
④腰が反らないように、お腹に力を入れておく

2つの運動はゆっくり行うと効果的です。
5回を目安に行いましょう。

太ももが張らない立ち方

両膝立ちになり、太ももが張らない姿勢を探します。

太ももが張るようであれば、お腹が突き出ています。
お尻を後ろに引いて、お腹が突き出ないようにしましょう。
太ももが張らない位置を見つけたら、20秒ほどキープします。

以上のエクササイズをやったあとに、歩いてみるととても脚が軽く感じます。
脚に余計な力が入らなくなったからですね。

まとめ

このように、前や外ももに力が入らない姿勢を作ることで、細ももになりやすい状況をつくります。
普段から立ち姿勢で、お腹を突き出していないか、太ももは張っていないか気付くことも大切です。
普段の姿勢から意識して、美脚を目指していきましょう!!

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >美脚になりたい人必見!!女性の太ももを細く見せる法則