Blog

ブログ 

寒い時期に効率よく姿勢改善する3つの方法!!

少しずつ寒くなり、体が縮こまり姿勢が気になる方はいませんか?
季節の変わり目の姿勢が悪くなるのは、3つの段階があります。
本日は、この3つ段階を解決して、効率よく姿勢改善できる方法をご紹介したいと思います。

目次

寒くなって起こる体の変化

急に寒くなると、①自立神経の変化、➁筋肉が固くなる、③姿勢が悪くなるという3つの変化が起こります。
例えば夏や冬であれば、気温や気圧が安定しているため、比較的体が対応できます。
しかし、季節の変わり目はそうもいきません。

3つの変化が、緩やかに起こると良いのですが、なかなかそうはいないもの。
急激な外気温や気圧の変化により、体が対応しきれていないんですね。
では、詳しく説明していきます。

自律神経の変化

急激に寒くなると、自律神経が乱れます。
自律神経については、こちらの記事でも詳しく書いていますので、気になる方は一緒に読んでみてください。
→→→ホルモンと自律神経について

急激に寒くなると、交感神経が優位に働き、血管や筋肉を収縮させようとします。
交感神経が優位になったままだとリラックスできません。
すると、体の疲労も溜まりやすくなります。

筋肉が固まりやすい理由

寒くなると、筋肉が固まりやすくなりますよね。
もしかすると、足が攣りやすくなるという方もいるのでは?
なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか?

寒くなると、体は熱を発生させようとします。
前述したように、交感神経を優位にするんですね。
すると、筋肉に収縮させて、体温を上げようとします。
寒くなると、体を縮ませますよね。
あれは、筋肉をギュっと収縮させて、熱を発生させているんですね。

収縮させるということは、筋肉を固めようとしています。
つまり、熱を発生させるために筋肉を固くしているんですね。

姿勢が悪くなる

寒くなると、本来以上に筋肉の働きが強くなります。
すると、筋肉がアンバランスになり、姿勢が乱れます。

特に、寒くなると体を縮こませ猫背になろうとします。
肩や首、腰に力が入るため、コリや痛みが発生しやすくなるんですね。

寒さによる姿勢の変化で、体に不調を抱えているケースも多いです。

寒い時期の姿勢改善で大切なこと

寒くなると、まずは体を温めることが大切です。
湯船に浸かることをお勧めします。
また、ホットアイマスクや足湯、湯たんぽなどもお勧めです。
温めた後にエクササイズを行うと、より姿勢改善の効果が高まります。

呼吸のエクササイズ

そしてまず、呼吸のエクササイズから始めることをお勧めします。
→→→呼吸のエクササイズ

特に重要なのが、鼻から吸って口から吐くこと。
鼻から吸うメリッとして、入ってくる空気を温めるという効果があります。
冷たい空気が体の中に入るよりは、温かい空気が入った方が体は温まりそうですよね。

また、お腹を意識することで、腹筋を活性化します。
猫背になっていると、腹筋が使えていないことが多いため、このエクササイズが有効です。

固まっている大きな筋肉のストレッチ

姿勢が悪くなっている原因として、固まっている筋肉があります。
寒い時の猫背によって固まりやすい(縮みやすい)筋肉は、脇や腰回り、もも裏、ふくらはぎです。

これらを一気に伸ばすストレッチがこちらです。

ポイントは、息を吐きながらゆっくり伸ばすこと。
痛みがない程度に行うことです。

最後はしっかり背伸び

いくらストレッチをしても、最後は自分の筋肉で整えないといけません。
そこで背伸びです。
背伸びをすると、脇の筋肉を伸ばしながら、腹筋が活性化する効果があります。
これらは、姿勢改善に欠かせないため、一気に行える背伸びがオススメなのです。

まとめ

寒くなると、動きたくなくなるため、運動の機会が減り姿勢が悪くなるの悪循環。
これを解決するためにも、まずは体を温めて、少しずつ体を動かして、姿勢を整えていきましょう!

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >寒い時期に効率よく姿勢改善する3つの方法!!