Blog

ブログ 

反り腰を改善するために必要な、3つのエクササイズ



私は反り腰だと感じることはありますか?

そもそも反り腰って何でしょうか?

本日は反り腰について解説しながら、お勧めのエクササイズをご紹介したいと思います。

 

 

目次

そもそも腰って反ってるもの?

写真のように、正常姿勢でも実は腰は反っているものです。

なぜかというと背骨はカーブがあることで、外からの衝撃を吸収しているのです。

ですので、カーブは必要なものです。


しかし、反り過ぎは腰の負担になり、腰痛の原因もなります。

腰の反り具合の目安は、手の平1枚分

では、良い腰の反り具合についてです。

簡易的に判断する方法を2つご紹介します。

➀仰向けで寝てみます。
そして、手の平1枚が腰に入るかどうかです。

➁壁に背中をつけます
1.踵
2.お尻
3.肩甲骨
4.後頭部

この4点を壁につけた時に、腰に手の平1枚入るか?です。

この2つのチェックで、2つとも手の平1枚以上入る場合は反り腰の可能性があります。

反り腰を改善するための手順

反り腰を改善するためには2つのステップがあります。

➀腰回りの筋肉をほぐす

➁お腹に力を入れる

では、この2点のエクササイズをご紹介します。

腰をほぐすエクササイズ

反り腰になると、広背筋と大殿筋という筋肉がカチカチになりやすいです。

広背筋は腰を通じて大殿筋と繋がっています。

つまり、広背筋と大殿筋をほぐすことで、腰の筋肉をゆるめることができます。


ポイントは
➀膝を直角にすること

➁お腹を膝に近づける

③直角にした対角の腕を遠くに伸ばす

④20秒伸ばす

これらが大切になります。

お腹に力を入れるエクササイズ

お腹に力を入れるために、骨盤動かす必要があります。

ポイントは
➀仰向けに寝て、下腹部を意識する
➁息を吐きながら、骨盤を傾ける
③息を吸い元の位置に戻し、繰り返す

こうすることによって、お腹も引き締まり、腰が過度に反りにくくなります。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめとしては

➀腰は過度に反っていなければ、反っているのは正常

➁改善には腰をゆるめ、お腹に力を入れる必要がある

以上2点を意識して、反り腰を解消していきましょう!!

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >反り腰を改善するために必要な、3つのエクササイズ