Blog

ブログ 

悪い姿勢による、ぽっこりお腹を解消するために必要なこと



ぽっこりお腹が気になる。

お腹を引き締めようと、腹筋運動をしてみても効いている感じがしない。。。

 

 

こんなお悩みはありませんか?

実は、お腹の引き締めには、姿勢を整えることが必須になります。

本日はお腹の引き締めるための、姿勢改善エクササイズをご紹介します。

 

目次

そもそも何でお腹は出るの?

なぜ?

お腹が出る理由は大きく3つあります。

➀お腹周りの脂肪が多い

➁お腹周りの筋肉が少ない

③お腹が出る姿勢になっている


お腹周りの脂肪は、食べ過ぎや運動不足といったことが考えられますね。
これは、食事のコントロールと有酸素運動が必要になります。

お腹周りの筋肉が少ないと、内臓が下がってきやすいため、お腹がぽっこりしたように見えます。
そのため、内臓を元の位置に戻す筋肉を鍛える必要があります。

そして、お腹の出る姿勢なのですが、お腹を突き出すような姿勢のことです。
本日は、このお腹を突き出すような姿勢について解説していきます。

お腹を突き出す姿勢とは?

お腹を突き出す姿勢とは?

画像の真ん中のような姿勢が、お腹を突き出すような姿勢になります。

このような姿勢になると、腹筋を何回しても引き締まりせん。

むしろ、腹筋の厚みが出てくるため、ポッコリお腹が助長される場合もあります。


そのため、まずはこの姿勢をリセットする必要があります。

まずは普段の姿勢の意識を変える必要があります。

➀立ってスマホを見るときに、お腹は突き出していないか

➁ソファーや椅子に長時間もたれていないか

普段からこの2点を頭に入れておきましょう。

どんな運動が良いの?

ストレッチ

お腹を突き出す姿勢になると、代表的な固まっている筋肉と弱くなっている筋肉があります。

固くなっている筋肉
・腰
・お尻
・もも裏
・ふくらはぎ

弱くなっている筋肉
・お腹
・背中
・股関節の筋肉

固い筋肉にはストレッチ、弱い筋肉には意識的に力を入れていきます。

こうすることで、姿勢が整いお腹を引き締めやすい環境を作ります。

カチカチになった筋肉をほぐすストレッチ

伸びるストレッチ

ここから、具体的な運動についてご紹介していきます。

流れとしては、固い筋肉をストレッチ→弱い筋肉に刺激を入れるの順番です。

そのため、まずはしっかりストレッチを行います。

もも裏とふくらはぎをほぐすエクササイズ

もも裏のストレッチ

まずは、もも裏とふくらはぎのストレッチです。

お勧めのストレッチとして、ジャックナイフストレッチというものがあります。

ポイントは
➀お腹とももが離れないようにする
➁お尻を高く上げる
③踵は地面に着けた状態です。

息が止まらないように行いましょう。

腰やお尻をほぐすエクササイズ

お尻と腰を伸ばすストレッチ

ポイントとして
➀膝の角度を直角にする
➁膝に向かって、お腹を近づける
③近づけた膝と対角の手を遠くに伸ばす
ことです。

こちらも息が止まらないようにしましょう。

姿勢を良くする運動

腹筋

次に弱くなっている筋肉に刺激を与えていきます。

ここで意識したいことは、常に良い姿勢をキープすることです。

お腹と股関節周りの筋肉を鍛える

お腹と股関節を鍛える

仰向けで寝たら、背伸びをして姿勢を整えます。

この状態から、両膝を立てて体の横に手を置きます。

そこから
➀骨盤やお腹が動かないように、もも上げを繰り返す
➁息を吐きながら動かす
③腰が反らないようにする
これらがポイントとなります。

骨盤を動かし下腹を鍛える

下腹の運動

骨盤を動かすことで、下腹の筋肉に刺激を与えます。

ポイントは
➀骨盤の上に水の入ったお皿が乗っていると意識する
➁お皿の中の水をヘソに流し込むように、骨盤を傾ける
③骨盤を元の位置に戻すときに、腰が反らないようにする

息を吐きながら動かし、吸いながら戻して行います。

良い姿勢を保つと、自然に腹筋を鍛えることができる

自然に良い姿勢

上記のように

➀普段の姿勢を意識すること

➁固い筋肉をほぐす

③弱い筋肉に刺激を入れる
ことで良い姿勢を作ります。

良い姿勢になると自然と腹筋に力も入るため、お腹が締まってきます。

何事も土台が大切です。

良い姿勢を意識した上で、腹筋運動を行うとよち効果的ですので、是非皆さんやってみてください。

SHAREシェアする

ブログ一覧

ホーム> ブログ >悪い姿勢による、ぽっこりお腹を解消するために必要なこと